幻の高来そば 生そばのゆで方

〇ゆでる時の水の量

1食分のときは約1000ml、2食同時のときは約1500mlが目安となります。

〇そばのゆで時間

沸騰したお湯に生そばを入れて、1分から1分30秒が目安です。お好み合わせてゆで時間は調整してください。

※この「幻の高来そば」の生そばは打ち粉をたくさん使用しているため、吹きこぼれやすいので注意してください。

〇ゆであがったら

ゆであがったら、冷水にさらして、表面のぬめりを取って、麺をしめます。

※ゆで汁はそば湯としてお召し上がることもできます。そばの栄養をそのまま摂ることができ、血行を良くし、動脈硬化、糖尿病、高血圧などの生活習慣病予防の効果が期待できます。そばつゆを加えると飲みやすくなります。柚子こしょうで風味をつけてもいいです。

〇冷水でしめた麺は

冷水でしめた麺は、かけそばざるそばなどとしてお召し上がることができます。

 

◎「どろりそば」としてのお召し上がり方

生そばがゆであがったときに、冷水にさらすのではなく、そのまま麺をどんぶりに盛って、ゆで汁(そば湯)を麺がひたひたになるくらいまで入れます。味付けは生醤油やそばつゆなどお好みあわせて適量を加えると出来上がりです。薬味としてねぎや柚子こしょうを入れるとおいしく召し上がれます。また、生卵を入れて釜玉風どろりそばもいいですよ。

 

轟街道ふれあい市 オンラインショップでは、『幻の高来そば』長崎の名水が育むおいしいお米』『轟街道の雑穀米』『農家のおばちゃん秘伝 手作り柚子こしょう』などの商品を取り扱っております。商品は宅配だけでなく店頭受取も可能ですので、ぜひご覧ください。