轟街道の雑穀米

轟街道ふれあい市がもともと取り扱っていた黒米、名水が流れ込む田んぼで栽培してきたお米の玄米、そして6次産業化ブランドとして立ち上げた「幻の高来そば」の蕎麦の活用法に、雑穀米としてそばの実の取り扱いを始めたところからもち麦も加わり、現在4種類の雑穀米を取り扱っています。それぞれに特徴的な栄養価があり、食感やおいしさがあります。腸内環境の改善に効果があり、生活習慣病予防が期待できるものばかりです。